セキュリティ面で有利なテザリングの利用

公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」が、地下鉄の駅、コンビニエンスストア、カフェなど、多くの場所で使えるようになり、非常に便利になってきました。多くのユーザーが、街で公衆無線LANを使用して、外出先で情報のやりとりをしている姿を見るようになりました。公衆無線LANには、大きく分けて、携帯電話キャリアが提供しているものと携帯電話キャリア以外の提供しているものがあります。携帯電話キャリア以外が提供しているものの中にはパスワードを入れなくても、誰でも自由に利用できるものがあります。パスワードを入れなくても利用できるものの中には、セキュリティの面の対策が不十分で情報を盗み取られる恐れのある公衆LANがあります。無線を傍受されて、情報を盗まれるのを防ぐためには、パスワードを入れなくても使用できるようなセキュリティ対策が出来ているかどうか不明な公衆無線LANは使用しないようにするのが賢明です。外出先でインターネットを安心して使用するために、テザリングの利用をお勧めします。携帯電話キャリアのテザリングを利用すれば、どこでも安心してインターネットを利用できます。

Comments are closed.