四分の一で落着く季節

この3月も下旬というところ、気温が上昇傾向にありこんな時期は寒さがほぼ退けて、やれやれという感じになります。
さくらの花模様や、季節がらお花見に定番のお団子のイラストがプリントされたカレンダー見ながら、年明けから少しは落着ける時期になったという思いがします。

自分のサイクルというものなのか、なぜか年末からこれくらいの季節までは忙しかったり、寒さという気候と連動するかのような緊張感。
そんなふうですから、2月以降くらいからの梅の花や桃の花、さくらが咲いたという季節の話題があると、もうちょっとで春になるねと心底ほっとしたりして。

寒さは暖かいこの季節になるためのことではあるけれど、ギュッとするような冬気温はできたら無いほうがいいなんていうくらい、苦手意識があります。
この冬はお薬の用意もしなかったけれど風邪も引かずいられたことがいい点、ひと冬を越えてみると春の景色は華やかさもあって極上なものですね。
緩急つけるという言葉もあるけれど、冬から春はその言葉のような気候の移ろいです。

Comments are closed.